平成28年度 甲南加古川病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 19 24 59 151 376 400 218 59
平成28年度中に退院した人数を、10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
当院は、60歳以上の占める割合が全体の80%で高齢の患者さんが多くを占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 103.85 12.84 18.52% 73.89
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 69.45 17.95 0.00% 85.09
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術処置等2 1あり 定義副傷病 なし 重症度等 85歳未満 11 18.00 14.91 9.09% 67.55
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.33 - -
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 重症度等 A-DROP スコア0 - - 8.31 - -
平成28年12月まで、血液浄化センターにて透析導入前から導入期、維持透析まで専門的治療を行っておりました。
現在は、血液浄化センターの診療は加古川医療センターに移行しております。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 手術処置等2 6あり 122 2.00 2.80 0.00% 62.01
070470xx02x2xx 関節リウマチ 関節形成手術 肩、股、膝+人工骨頭挿入術 肩、股等 手術処置等2 2あり 35 54.43 26.44 2.86% 67.37
070470xx03x2xx 関節リウマチ 筋肉内異物摘出術等 手術処置等2 2あり 21 31.67 23.26 0.00% 66.71
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 13 56.38 23.61 0.00% 76.23
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 手術処置等2 2あり - - 2.84 - -
2016年1月、股関節、膝関節、また肩関節、肘関節、足関節、手指足趾関節を中心とした人工関節センターを設立しました。
整形外科系リウマチ専門医と内科系リウマチ専門医が共同でリウマチ診療に携わる体制を確立し、最新の診療を実践しています。
薬物療法に加え、整形外科手術療法、リハビリテーションでは、専門的な理学診療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x30x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2 3あり 定義副傷病 なし - - 7.32 - -
060040xx99x31x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2 3あり 定義副傷病 あり - - 17.02 - -
消化器外科を中心に、診療、治療を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 64 40.58 26.26 1.56% 73.91
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 25 31.16 24.42 0.00% 67.24
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 21 39.81 27.63 23.81% 84.00
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 16 43.38 23.61 0.00% 82.19
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 14 18.79 11.91 0.00% 54.07
2016年1月、股関節、膝関節、また肩関節、肘関節、足関節、手指足趾関節を中心とした人工関節センターを設立しております。
股関節、膝関節の下肢大関節のみならず、上肢関節、手指、足の人工関節置換術も多数行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
2016年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんは
それぞれ集計をしております。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 22 42.64 80.86
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、 普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン (日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。
この指標では細菌による肺炎を 集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、 気管支炎などは集計対象外です。
患者数は中等症が最も多く、重症度が上がるごとに長い治療期間を要します。また、中等症~超重症になるほど高齢の患者さんが多くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
慢性期の診断、治療を行っています。急性期については、近隣病院に紹介しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 19 1.21 2.21 0.00% 70.47
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 18 9.39 67.06 11.11% 67.50
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
内科で多い手術は、大腸ポリープに対する内視鏡的結腸ポリープ切除術です。
リウマチ科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 30 3.00 40.00 3.33% 66.20
K0802 関節形成手術(胸鎖、肘、手、足) 11 1.00 22.45 0.00% 72.82
K0823 人工関節置換術(肩鎖、指(手、足)) 11 3.82 45.91 0.00% 62.73
K0591 骨移植術(軟骨移植術を含む。)(自家骨移植) - - - - -
K0822 人工関節置換術(胸鎖、肘、手、足) - - - - -
リウマチ科で多い手術は、人工関節置換術です。
股関節、膝関節の下肢大関節のみならず、上肢関節、手指、足の人工関節置換術も多数行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 95 6.02 31.37 1.05% 72.04
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 20 3.00 35.00 20.00% 78.00
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 13 1.77 13.92 0.00% 67.31
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) - - - - -
整形外科で最も多い手術は、人工関節置換術です。また、骨折などの外傷に対する手術も積極的に行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 1.28%
異なる - -
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべき
ものとして、敗血症、播種性血管内凝固症候群、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、
入院契機病名の同一性の有無を区別して患者数と発生率を示しております。
当院では、人工関節置換術の症例が多く、人工関節のゆるみなどが手術・処置等の合併症
に含まれております。
更新履歴
2016/9/20
平成27年度 甲南加古川病院の病院指標を公開しました。
2017/9/26
平成28年度 甲南加古川病院の病院指標を公開しました。