検体検査について

血液検査について

採血室で採取された血液は、主に生化学検査・血液学的検査(血液一般検査・凝固系検査)・輸血検査を行います。

生化学検査

肝機能、腎機能、脂質、血糖、リウマチ因子など、さまざまな項目があります。AST(GOT)やLDH(LD)などの酵素はいろいろな臓器に存在するため、他の項目とあわせてどの臓器の具合が悪いのかを判断します。

血液一般検査

赤血球・白血球・血小板の数や赤血球中に含まれるヘモグロビンの濃度などを検査します。
貧血や出血、炎症の状態、血液疾患などが分かります。

    • 赤血球数・・・・・・・・ 貧血などの診断や経過観察の指標となります。
    • ヘモグロビン(Hb)・・・赤血球の鉄分を含む蛋白で、貧血や多血症の指標となります。
    • 白血球数・・・・・・・・ 血液疾患、白血病、感染症などの診断や推定の指標となります。
    • 血小板数・・・・・・・・ 出血を止めるための重要な働きを担い、止血機能を反映します。
    • 血液像・・・・・・・・・・ 顕微鏡で観察し、白血球の種類や比率、赤血球・白血球・血小板の形態異常がないかをみます。

    凝固系検査

    血液中には、出血を止める働きをする因子(凝固系)と、止血後に出血を止める際にできた血栓を溶かす因子(線溶系)があります。さまざまな因子がバランスよく存在し、機能しています。
    ワーファリンなど抗凝固剤を服用されている患者様の検査や手術前の検査として行われます。

輸血検査

貧血など輸血が必要な場合に行う検査で、血液型を調べたり、交差適合試験という検査を行ったりします。 その他にも輸血に使われる血液製剤の発注、保管、管理業務や、手術時に備えて自分の血液を貯めておく『自己血』の保管、管理業務も行っています。

  • 血液型検査・・・・・・・ABO式(A・B・O・AB型)とRh式(Rh+、Rh-)を調べます。
  • 不規則抗体検査・・・輸血による副作用を防ぐために、事前に赤血球に対する抗体の有無を調べます。
  • 交差適合試験・・・・・輸血を行う際に、患者様の血液と血液バック(供血者)の血液が適合しているかを検査します。

尿検査について

腎臓には、ろ過、吸収という働きがあり、体内の老廃物が尿となって排出されます。つまり、尿を検査すると腎臓、尿路系の病気がわかるだけでなく、項目によってはそれ以外の臓器の病変を調べることができます。
尿検査では、蛋白、潜血、糖などがどの程度尿中に含まれているかを調べます。健康な人では尿中にはほとんど含まれていません。尿中に蛋白や潜血などの異常が見られた場合は、顕微鏡で尿中の成分を見る『尿沈渣』を行います。
尿検査を行う際は、出始めの尿と最後の尿を捨て、真ん中の中間尿を取るようにお願いします。

細菌検査について

痰や尿、便、関節液などを採取し、炎症の原因となる細菌がいるかどうかを調べます。細菌がみつかった場合には、どういう細菌なのか、また、その細菌に効果がある薬は何かを調べます。
細菌検査は細菌を発育する時間が必要なため、最終的な結果には通常3~4日かかります。また結核菌の場合は、発育速度が遅いため、最終報告には約1~2か月かかります。

塗沫・鏡検・・・・・・・・採取した検体を直接顕微鏡で観察し、細菌の観察を行います。
同定検査・・・・・・・・・細菌を発育させ菌量を増やしてから、細菌の種類や名前を確定します。
感受性検査・・・・・・・同定された細菌に効果がある薬を見つける検査です。

病理検査

  

病理検査には、病理診検査と細胞診検査とがあり、いずれも甲南病院で検査を行っています。

病理診検査

組織標本

手術で採取した臓器や、胃カメラなどの内視鏡検査で採取した組織などを調べる検査です。 組織を固め(固定)、スライス(薄切)し、染色して標本を作製し、顕微鏡で細胞を観察します。

病理医が病理学的診断を行います。

細胞診検査

細胞診標本

痰や尿、胸水・腹水などの検体や、乳腺など超音波検査で画像を見ながら直接針を刺して細胞を採取したものをスライドガラスに薄く広げ(塗沫)、染色し、顕微鏡で細胞の観察を行います。

細胞検査士の資格を持った技師と病理医が診断を行います。