平成29年度 甲南 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 48 62 112 94 247 342 755 1188 1355 403
当院は、「人類愛の精神に基づき、あらゆる点において病人を本位とした、悩める病人のための病院たらん」を基本理念とし、神戸市東部の基幹病院として地域の皆様に高度な医療を提供することを目指しております。
標榜科以外に糖尿病センター、消化器病センター、血液浄化・腎センター、IVRセンターで集約的医療を行っており、特に60代以上の患者様が多くご利用いただいている要因になっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 99 35.59 20.83 14.14 89.41
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 44 5.23 7.87 0.00 73.57
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 44 16.32 12.34 4.55 80.91
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 38 3.29 4.47 0.00 60.08
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 31.53 17.71 13.89 87.31
内科では高齢者の罹患率が高く重症化しやすい誤嚥性肺炎が最も多く、大腸および小腸憩室性疾患、尿路感染症等の順番となっております。悪性腫瘍に対する化学療法も多数行っており、消化器内科医による各種内視鏡の実績も非常に多くなってきております。その他糖尿病、神経疾患、血液透析等幅広い疾患に対応しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 8.00 7.40 3.03 63.03
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 23 3.65 5.96 0.00 59.17
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 19 10.21 4.49 0.00 59.26
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 15.44 15.61 0.00 71.00
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 15 16.47 17.27 0.00 72.00
外科では、急性疾患である胆嚢炎が最も多く、腹腔鏡下での手術が行われています。その他乳線外科では乳線専門医による手術、化学療法にも力を入れており、件数が多くなっています。2017年よりチーム編成を一新し、消化管、肝臓、膵臓、胆道ならびに乳線などの領域で最新の技術を備えた外科医が揃い、より幅広く専門性の高い外科治療が可能となっております。(肝胆膵外科高度技能専門医修練施設)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 83 49.42 27.09 6.02 84.17
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 35 42.46 19.94 2.86 79.31
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 28 41.39 23.14 0.00 71.61
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 23 57.00 22.44 4.35 85.91
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 22 26.27 19.87 4.55 60.91
整形外科では、高齢者の割合が多いこともあり大腿骨骨折の症例数が最も多くなっております。主な手術として人工骨頭挿入術や人工関節置換術が行われています。手術後すぐにリハビリを始めることにより早期の運動機能回復を目指しております。その他胸腰椎圧迫骨折や骨粗しょう症等の症例も多くなっております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 35 10.51 10.21 0.00 61.54
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 18 6.28 7.31 0.00 67.61
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 15 11.07 8.51 0.00 74.73
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 14 8.57 7.96 0.00 66.14
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 13 2.00 3.32 0.00 63.08
眼科では、DPC症例でないため集計されておりませんが、白内障手術に伴う入院が最も多く年間の手術件数が1013件となっております。その他網膜剥離、緑内障等の症例が多くなっており、ほとんどが手術目的となっております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 42 7.55 8.01 0.00 20.95
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 39 4.56 5.48 0.00 42.31
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 28 3.00 3.29 0.00 5.96
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 15 7.93 9.45 0.00 48.60
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 15 13.47 8.90 0.00 31.87
耳鼻科では、咽頭扁桃(アデノイド)の摘出術に伴うものが最も多く、その他滲出性中耳炎の症例数も多くなっております。ともに小児が中心となる症例となっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 33 - - 57 - 21 1 7
大腸癌 10 13 27 69 - 60 1 7
乳癌 27 26 - - - 14 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 25 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
UICC分類第7版にて集計を行いました。再発がんに関しては症例数のみとさせていただいております。
外科では、胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんなどの手術実績があります。
特に消化器系のがんに対する実績が多く、腹腔鏡手術および開腹手術、抗がん剤治療等幅広く対応しております。
肝胆膵外科の難しい手術の実施も増えてきております。
消化器内科では、早期がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)による治癒切除を前提とした、
低侵襲な治療を提供しており、胃がん、食道がん、大腸がんに対する治療を行っております。
また、当院は積極的な化学療法を目的とした患者様の紹介を受け入れており、緩和ケア医療も行っております。

※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 8.47 58.60
中等症 76 19.11 81.21
重症 19 45.53 89.21
超重症 - - -
不明 - - -
入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎を対象にする。
重症度は数字が大きくなる程、重症であることを表しており、平均年齢が高くなるにつれ重症度が高くなっております。

※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 27 40.15 79.33 21.21
その他 - - - -
脳梗塞ではTPAの投与の適応外の患者様を多く、平均年齢も高く、平均在院日数も長くなっております。

※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 103 0.53 1.51 0.00 72.63
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 52 2.65 10.69 3.85 72.56
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 29 60.83 38.48 37.93 84.14
K654 内視鏡的消化管止血術 22 2.91 15.50 9.09 77.50
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 20 1.05 5.70 0.00 73.50
内科では、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の件数が非常に多く、その他胃瘻造設、消化管止血術、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術等の内視鏡的治療を多くおこなっております。その他抗がん剤を効率的に投与することを目的とした抗悪性腫瘍剤動脈、静脈植込型カテーテル設置術の件数も多くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 50 2.06 5.20 2.00 61.32
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 33 1.03 3.52 0.00 70.30
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 22 5.45 16.05 0.00 71.50
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 16 2.00 3.19 0.00 60.50
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 16 2.94 12.94 0.00 70.88
外科では、腹腔鏡下手術に力を入れていることもあり、腹腔鏡下による胆嚢炎、鼠径ヘルニアの症例数が多く、胃癌、大腸癌、肝癌、膵癌等に対しても腹腔鏡下での手術に対応しております。肝胆膵外科の難易度の高い手術件数も増えていっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 71 4.15 57.77 5.63 81.30
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 51 3.12 38.61 3.92 74.18
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 35 4.94 42.20 5.71 84.49
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨 23 1.61 20.65 0.00 57.17
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 21 2.48 25.29 4.76 65.52
整形外科では、骨折に対する骨折観血的手術(骨接合術)の件数が多くなっています。大腿骨・股関節の骨折に対する人工骨頭挿入術、関節リウマチ、変形性関節症に対する人工関節置換術も多く行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 1013 0.02 1.11 0.00 81.30
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 77 0.83 7.18 0.00 64.13
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K2682 緑内障手術(流出路再建術) - - - - -
眼科では、白内障の手術である水晶体再建術の件数がとても多く、阪神間でも屈指の件数です。また網膜硝子体疾患に対する硝子体茎顕微鏡下離断術も多くおこなっております。

※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 37 0.76 6.41 0.00 23.03
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 27 1.00 1.00 0.00 5.81
K319 鼓室形成手術 15 0.87 11.60 0.00 31.87
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 0.90 3.20 0.00 52.90
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 10 0.00 3.80 0.00 35.70
耳鼻科では、扁桃炎に対する口蓋扁桃手術の件数が多くなっております。その他中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術、鼓室形成手術の件数も多くなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 19 0.41
異なる 27 0.59
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 54 1.17
異なる - -
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、敗血症、播種性血管内凝固症候群、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名の同一性の有無を区別して患者数と発生率を示しております。
更新履歴
2018/9/26
平成29年度 同指標を更新しました。