形成外科

形成外科について

診療方針

1.治療方針について、十分時間をかけて説明し、患者様に納得頂いてから治療を開始するようにしております。
 
2.大学病院等と同様にエビデンスに基づいた最先端の治療を提供するよう心がけております。

主とする対応疾患

1.擦り傷、切り傷などの外傷のプライマリー・ケア
2.顔面骨折(頬骨、鼻骨)
3.瘢痕(きずあと)、ケロイド、瘢痕拘縮(きずのひきつれ)
4.皮膚良性腫瘍、血管腫
5.顎顔面の先天異常(耳介変形等)
6.手足、躯幹の先天異常(多合指症、臍ヘルニア、漏斗胸等)
7.顔面神経麻痺の外科的治療
8.乳癌術後変形に対する治療
9.やけど、褥瘡、難治性皮膚潰瘍等
10・その他 再建手術