消化器内科

消化器内科

診療方針

当院は、消化器病学会および消化器内視鏡学会、肝臓学会の指導認定施設であり、外科とともに消化器病センターを設置し、消化管および胆膵、肝臓疾患の診断と治療を積極的に行っています。2017年以降、最新の内視鏡診断・治療に習熟したスタッフの増員と、超音波内視鏡の導入などハード・ソフト面ともにチーム体制の強化を行い、より多くの疾患に対する高度な診断・治療が可能となっております。

診療内容

1.消化管疾患


  • 最新鋭の内視鏡機器(OLYMPUS EVIS LUCERA ELITE)を駆使し、丁寧かつ確実な技術により精度の高い診断を行います。検査の際には基本的に鎮静剤を少量使用することで、苦痛の少ない検査を心がけています。
    また、知識と経験豊富な看護師が検査開始から終了まで患者様に寄り添った看護を行ないます。
  • 食道、胃そして大腸がんに対し、画像強調拡大内視鏡(NBI)や超音波内視鏡(EUS)を用いた早期発見と確かな診断を行います。早期がんに対しては、それぞれの患者様にあわせて内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)による最適な治療を提供いたします。胃、食道だけでなく大腸に対しても安全確実なESDを施行することが可能です。
  • 2017年9月より、食道運動異常(アカラシアなど)に対する経口内視鏡的筋層切開術(POEM)を関西で2番目に導入いたしました。神戸大学、昭和大学で術者として十分な経験を積んだ内視鏡医がPOEMを施行いたします。神戸大学病院と連携し、厳密な診断のうえ治療に取り組んでおります。
  • 消化管出血(胃・十二指腸潰瘍や食道・胃静脈瘤破裂など)に対しては緊急内視鏡および内視鏡的止血術による救急治療を常時行なっています。
  • 粘膜下腫瘍は小さければ経過観察が可能ですが、大きくなると良性か悪性かの判断が重要となり、もし悪性(GIST)であれば手術が必要となります。従来生検では診断が困難でしたが、当科では超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)や粘膜切開生検により確実に診断することが可能です。手術の際には外科と協力し、腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)など、患者様の身体的負担を最小限に抑えた治療を提供しています。
  • 消化管出血(胃・十二指腸潰瘍や食道・胃静脈瘤破裂、大腸憩室出血など)に対しては、緊急内視鏡および内視鏡的止血術による救急治療を常時行っています。夜間は六甲アイランド甲南病院と合同でオンコール体制を整えており、24時間365日患者様の受け入れを行なっています。
  • 潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患(IBD)は慢性的な下痢、血便や腹痛をきたす腸の病気で、近年増加傾向にあります。長期的にコントロールしていくことが重要であり、当院では日常生活にも配慮し患者様1人1人に寄り添い適切な治療(栄養療法、5-ASA製剤、副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤、生物学的製剤、白血球除去療法など)を提案できるよう努めています。


2.胆膵疾患

  • 当院では胆石症や総胆管結石、慢性膵炎などの良性疾患から膵臓がん、胆管がん、胆嚢がんを代表とする悪性疾患まで、幅広い疾患に対して胆膵領域を専門とする内科医、外科医が密に連携することにより診断から治療まで一貫した診療を提供することが可能です。
  • 平成29年4月より超音波内視鏡検査(EUS)を導入しました。EUSは現在普及しているCT検査やMRI検査などと比較し空間分解能に優れており、今まで発見することが難しかった、より小さながんを早期の段階で発見することが可能となりました。
  • 特に、予後の悪い膵臓がんに対してはEUSでの早期発見に加え、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)を行っています。EUS-FNAは前述したEUSを使用し腫瘤に対して直接針を刺して検体を採取する方法で、小さな腫瘍からも検体を採取し、術前の病理診断を行うことができます。まだ施行可能な施設は少ない検査ですが既報では90%近い診断率が報告されており、当院でも平成29年4月に導入してから95%以上の高い診断率を得ています。
  • 膵臓がんや胆管がんなどの悪性腫瘍による胆道閉塞に対して現在は内視鏡的逆行性胆膵管造影法(ERCP)を利用したドレナージを行うことが一般的ですが、内視鏡的なドレナージが不成功に終わった場合、次の手段としてお腹の外側から皮膚を通して肝臓にチューブを入れる経皮経肝胆道ドレナージ(PTCD)が行われています。PTCDは、体の外側にチューブが出た状態になってしまうため患者様の生活の質(QOL)を著しく低下させてしまいます。この問題を解消すべく、当院では前述したEUSを使用し、胃や十二指腸から胆管に直接ステントを留置する超音波内視鏡下胆道ドレナージ術(EUS-BD)にも対応しています。非常に新しい手技でまだ導入している施設はほとんどありませんが、当院は神戸大学医学部附属病院の消化器内科と連携してEUSの経験が豊富なスタッフの元、同処置を行っております。EUS-BDの一番の利点はチューブが体表から出ないため患者様のQOLを損ねないことにあります。胆管狭窄の症状にお困りでPTCDに対して抵抗がある患者様がいらっしゃいましたらいつでもご相談ください。


EUS-FNA             超音波内視鏡下胆道ドレナージ術(EUS-BD)


3.肝疾患

  • 慢性肝炎(ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎、自己免疫性肝炎など)は、放置すると徐々に肝臓のダメージが蓄積し、肝硬変になっていきます。肝硬変になると腹水、食道胃静脈瘤破裂による吐下血、肝性脳症など、様々な不調をきたし、また肝臓がんも合併しやすくなります。適切な時期に生活改善や治療を行うことが大事です。
  • ウイルス性肝炎、特にC型肝炎に対しては新規経口抗ウイルス薬による根治を目指した治療を行っています。C型肝炎治療の進歩は日進月歩であり、現在は基本的に内服薬のみで治療を行い、根治を確認したのちには薬剤を使用せず経過観察することが可能となっています。一方、B型肝炎はC型肝炎と異なり治療を行うタイミングや使用する薬剤により慎重な判断が必要です。
  • 近年増加傾向にある非アルコール性脂肪肝炎(NASH)はメタボリックシンドロームとの関わりが強い疾患です。糖尿病内科や総合内科医、また栄養士と連携し適切な生活指導、定期的な検査を考案しております。
  • 肝臓がんに対しては手術、肝動脈化学塞栓術(TACE)、経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)を治療の3本柱とし、外科、放射線科と密に連携をとり、患者様1人1人の病状に応じて治療方針を決定しています。

医師の紹介

谷 聡(たに さとし)副院長

谷 聡(たに さとし)副院長
略歴
1982 神戸大学医学部附属病院
1983 須磨赤十字病院
1985 神戸大学医学部附属病院
1988 城陽江尻病院
1994 甲南病院
資格
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本がん治療認定機構・がん治療認定医
臨床研修指導医
その他
医学博士
内科学会近畿支部評議員
神戸大学臨床准教授
初級システムアドミニストレーター
初期臨床研修プログラム委員長

〔所属学会〕
日本内科学会 日本内視鏡外科学会 
日本消化器病学会 日本消化器内視鏡学会  
日本肝臓学会 日本臨床腫瘍学会  
日本緩和医療学会

福永 馨(ふくなが かおる)部長

福永 馨(ふくなが かおる)部長
略歴
1993 神戸大学医学部附属病院
1994 神戸海星病院
1996 神戸大学大学院医学系研究科
2000 城陽江尻病院
2000 IARC(International Agency for Research on Cancer)
2002 甲南病院
資格
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本ヘリコバクター学会「H.pylori」感染症認定医
日本糖尿病学会専門医
糖尿病療養指導医
その他
医学博士(インスリンの情報伝達)
日本内科学会近畿支部評議員
日本糖尿病学会近畿支部評議員

〔所属学会〕
日本消化器病学会  日本消化器内視鏡学会
日本糖尿病学会 日本内科学会  
日本ヘリコバクター学会

南 晶洋(みなみ あきひろ)部長

南 晶洋(みなみ あきひろ)部長
略歴
2004 兵庫県立尼崎病院
2006 神戸赤十字病院
2008 大阪赤十字病院
2009 神戸大学大学院医学系研究科
2013 神戸大学医学部附属病院
2018 甲南病院 
資格
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
その他
医学博士

〔所属学会〕
日本内科学会 日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会 日本肝臓学会

河原 史明(かわら ふみあき)医長

河原 史明(かわら ふみあき)医長
略歴
2006 甲南病院
2008 神鋼病院(現 神鋼記念病院)
2011 神戸大学医学部附属病院
2015 昭和大学江東豊洲病院
2015 神戸大学医学部附属病院
2017 甲南病院
資格
日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
その他
医学博士
日本消化器内視鏡学会近畿支部評議員
緩和ケア研修会-PEACEプロジェクト大阪 2017 修了

〔所属学会〕
日本内科学会 日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会 日本食道学会

松浦 敬憲(まつうら たかのり)医長

松浦 敬憲(まつうら たかのり)医長
略歴
2008 赤穂市民病院
2013 兵庫県立加古川医療センター
2018 甲南病院
資格
日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
臨床研修指導医
その他
〔所属学会〕
日本内科学会 日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会 日本肝臓学会