リハビリテーション部

リハビリテーション部について

取得施設基準

運動器リハビリテーション Ⅰ
脳血管疾患等リハビリテーション Ⅰ
呼吸器リハビリテーション Ⅱ

スタッフ
医師   4名
理学療法士  14名
作業療法士   3名
言語聴覚士   2名
リハビリ助手   1名

甲南病院リハビリテーション部は、専任医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士、リハビリ助手が勤務しており、主治医、看護師、ソーシャルワーカーなど他部門と連携をとり、チームでリハビリテーションを実施し、患者様、ご家族などとともに総合的に高い「生活の質」の獲得を目指します。

業務内容・特徴

脳血管障害、パーキンソン関連疾患、神経筋疾患、高次脳機能障害などの神経内科疾患と、関節疾患、骨折、靭帯損傷、関節リウマチ、脊椎・脊髄疾患などの整形外科疾患、肺炎や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患を主な対象疾患としており、症状に応じて理学療法(PT)、 作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)を行います。
 また、甲南病院のリハビリの大きな特徴は、病気・怪我の発症直後の急性期のリハビリ、ある程度症状が落ち着いた回復期のリハビリ、それから在宅復帰や施設入所に至るまでの退院に向けてのリハビリ、退院後の生活に即したリハビリと、病院を変えることなく一貫したリハビリを行うことができることです。
充実したスタッフと設備により、脳血管リハビリ(Ⅰ)・運動器リハビリ(Ⅰ)・呼吸器リハビリ(Ⅱ)の施設基準を取得しています。

理学療法

骨折や関節の手術後の関節拘縮や筋力低下・腰痛や、関節の痛み・脳卒中による麻痺・感覚障害・全身的な体力低下などで、日常生活や仕事に支障がある患者様に対して、個別の検査・評価を行ったうえで、適切な運動を行うことによって、その症状を軽減させます。
また寝返る・起きあがる・座る・立ち上がる・歩くといった日常生活に必要となる基本的な動作を練習します。
痛みなどにより、運動が十分にできない場合には、温熱・低周波・牽引といった医療機器を使用した治療も併用して行っています。

作業療法

脳卒中などによる麻痺や、骨折・靭帯損傷・神経損傷など、主に腕や手に傷害がある患者様に対して様々な手工芸品を作ったり、関節の動きを拡大し筋力を強化する練習を行ったりすることにより、生活に必要な手の器用さや関節の動き、筋力の改善を図ります。
また、注意障害・記憶障害失行・失認など、脳障害後に起こる高次脳機能障害に対してもアプローチしています。
この他、自宅への復帰がスムーズに行えるように、日常生活で行う活動(食事・着替え・身だしなみ・トイレ・入浴など)を実際に練習します。

言語聴覚療法

音声・言語・聴覚・高次脳機能などのコミュニケーション機能や、摂食嚥下機能に問題のある患者様に対し、コミュニケーション能力の改善を図り、また生きていく上で大切な食事をできるだけむせがなく、口から食べられるように援助します。
具体的には、脳血管障害による失語症、構音障害、高次脳機能障害(記憶障害、注意障害、失行・失認など)、聴覚障害、嚥下障害が主な対象となります。
また、小児の言語発達遅滞、口蓋裂、機能的構音障害などの訓練にも対応しています。

栄養サポートチーム(NST)への参加

栄養管理はすべての治療法の基礎といわれており、医師・リハビリ・薬剤師・看護師・栄養士で構成されるNSTは、栄養状態が不良な患者様、あるいは重症の患者様に対し、治癒の手助けや、感染症などの合併症防止を目的に活動しています。
このチームでのリハビリの役割として、患者様の個々の状態を把握して栄養状態改善に向け、嚥下(飲み込む)機能の評価・練習、食事姿勢の改善、スプーンや器の工夫など、できるだけ患者様自身で食事ができるように援助しています。

糖尿病に対する運動療法

「糖尿病は汗して治せ」といわれるように、運動療法は糖尿病の基本治療として大変重要視されており、基本的な体力の維持・向上を図ることにより代謝異常を是正していきます。
リハビリテーション部では、糖尿病教育入院の一環として糖尿病の運動療法を行っており、運動のやり方や、強さ、時間・頻度などをそれぞれの患者様に合わせて訓練プログラムを調整し、また生活環境なども考慮し、退院されてからも継続できるように実際に運動のやり方を数人のグループで練習していただいています。

リハビリテーションカンファレンス

リハビリを行う患者様の状態の把握、治療方針の決定および修正、在宅復帰に向けての検討など、医師・リハビリスタッフ・それぞれの病棟の看護師・ソーシャルワーカーなど、各職種が情報を共有し、共通の認識を持つことで患者様により効果的なリハビリを行うことができるように、毎週カンファレンスを開催しています。
脳血管疾患等カンファレンス、運動器疾患カンファレンス、呼吸器疾患カンファレンスなどがあり、運動器疾患カンファレンスでは、手術前の評価、手術の方法、手術後のリハビリについても多職種で検討しています。

受診方法

外来でリハビリテーションを受けるには、まず医師による外来診察を受けていただく必要がありますが、疾患により受診していただく診療科が違います。
脳血管障害・パーキンソン関連疾患・神経筋疾患・高次脳機能障害などは内科(神経内科)へ、慢性閉塞性肺疾患などは内科(呼吸器内科)へ、関節疾患・骨折・靭帯損傷・慢性関節リウマチ・脊椎-脊髄疾患などは整形外科へ、聴覚障害・嚥下障害・小児の言語発達遅滞・口蓋裂・機能的構音障害などは耳鼻咽喉科へ、それぞれ受診していただき、担当医師が診察した上で、必要に応じ各種リハビリテーションが開始されます。