内科プログラム

プログラム内容

プログラムの名称
内科後期研修プログラム
プログラム責任者
野中 英美(内科部長)
後期研修対象者
卒後3年目以降
後期研修受入枠
若干名
後期研修期間
3年

研修目標

当院は、日本内科学会認定制度教育病院であり、患者を全人的に診ることができる医師を目標とし、内科全体を網羅し、あらゆる基本的な臨床能力を獲得した総合臨床医であることを基盤とした研修を行う。3年間の研修期間で内科認定医を取得し、そのうえで認定内科専門医および各科専門医を取得することを目標とする。

研修の特徴

当院内科には各分野の専門医が多数在籍しているため、一般内科の研修をしながら、本人の希望に応じ専門分野研修を行っていくことができる。

また、当院の特徴として一般内科(総合内科)研修として急性期病棟に加え、療養型病棟および関連施設として老健施設を有しているため、患者様を全人的にみる上で、幅広い研修を行うことが可能であると考える。

研修方式

主として甲南病院後期研修期間における研修1年目には、基本的な臨床能力の獲得を目標として内科全般のローテーションを行い、同時に認定内科医の受験資格を得るとともに認定内科医取得を目指す。

研修2年目からは糖尿病、消化器科、腎臓科、神経内科、循環器科、老年内科をセクションに分けることなく同時に研修を行うことで、内科医として全体を網羅した臨床能力を培うことを目標とした総合的な研修を行いつつ、本人の希望する専門科目の研修を進めていく。専門科目の決定については、本人からヒアリングを行いながら希望に応じてフレキシブルな対応、指導を行っていく。

さらに研修期間中、関連病院である甲南加古川病院での膠原病・リウマチ疾患の研修、六甲アイランド病院における循環器のインターベンション、ICUおよび救急疾患の研修プログラムを希望に応じて組み入れることも可能である。

研修3年目からは、主として希望される専門科目での研修を中心に行う、将来的に当院研修後は下記のごとく本人の希望する専門科目の専門医を取得することが可能である。

消化器科

施設認定
日本消化器病学会認定施設、日本消化器内視鏡学会指導施設
取得可能専門医
消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医

消化器内科スタッフ

  • 谷 聡 副院長
    内科学会指導医/総合内科専門医、消化器病学会指導医/専門医、消化器内視鏡学会指導医/専門医、肝臓学会専門医
  • 森田 宗孝 内視鏡部長
    内科学会指導医/総合内科専門医、消化器病学会指導医/専門医、消化器内視鏡学会指導医/専門医、日本ヘリコバクター学会・「H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医」
  • 安田 光徳 消化器内科部長
      内科学会認定医、総合内科専門医、消化器病学会指導医/専門医、消化器内視鏡学会指導医/専門医、肝臓学会専門医
  • 福永 馨 内科部長
    内科学会指導医/認定医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、糖尿病学会専門医、日本ヘリコバクター学会・H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 岡野 裕子 後期研修医
  • 村田 成正 非常勤
    内科学会認定医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医

消化器病学会指導医3名と専門医4名、内視鏡学会指導医3名と専門医4名、肝臓学会専門医2名の下で、消化管並びに肝胆膵疾患を対象とした診療を行っており、消化器科を希望する者は同学会専門医を取得することを目標とする。

内視鏡件数は上部が2,135件/年、大腸が996件/年、NBIによる診断やESDなどの先進的な治療に積極的に取り組んでおり、研修期間で上部および下部消化管内視鏡検査および治療手技を習得する。肝疾患については、インターフェロン療法や抗ウイルス療法を行うとともに、肝癌に対しては経皮ラジオ波焼灼療法を含めた集学的な治療を行っており、研修医はその技術を習得することが可能である。また、総胆管結石症に対する内視鏡的治療や、胆道および膵臓疾患に対するステント留置などの内視鏡治療も行っており、治療手技の習得を目標とする。消化器疾患の悪性腫瘍に対する化学療法としては、全身化学療法に加えて肝動注化学療法などの局所治療も併用し 300例以上/月を行なっており、外来化学療法室を6床有する。治療困難例に対しては標準治療のみならず多剤併用した積極的な応用治療も検討している。また、緩和ケアチームを有し、終末期のみならず化学療法など積極的治療を行っている患者に対しても緩和医療をサポートする。

糖尿病・内分泌内科

施設認定
日本糖尿病学会認定教育施設、日本内分泌学会認定教育施設
取得可能専門医
日本糖尿病学会専門医、日本内分泌学会専門医、日本甲状腺学会専門医

糖尿病センタースタッフ

  • 老籾 宗忠 特別顧問 / 糖尿病センター長
    内科学会指導医/認定医、糖尿病学会指導医/専門医、老年医学会指導医/専門医、内分泌学会指導医/専門医、腎臓学会指導医/専門医、(肥満学会指導医)
  • 坂井 誠 副院長/ 糖尿病センター 副センター長
    内科学会指導医/認定医、総合内科専門医、糖尿病学会専門医、透析学会専門医
  • 八木 規夫 内科部長
    内科学会指導医、総合内科専門医、糖尿病学会専門医
  • 福永 馨 内科部長
    内科学会指導医/認定医、総合内科専門医、糖尿病学会専門医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医
  • 芳野 弘 内科医長
    内科学会指導医/認定医、老年医学会指導医/専門医、糖尿病学会専門医
  • 片山 茂明 医員
    内科学会認定医
  • 弓岡 稔貴 後期研修医
    内科学会認定医

日本糖尿病学会指導医1名、専門医5名の下で総合的に糖尿病の診療を行っており、糖尿病学会専門医が取得できる教育カリキュラムを設定している。さらに、糖尿病センターを設立し、糖尿病外来患者約1700名、また年間約800名の糖尿病患者がコントロール目的で入院されています。そのうち、約50名は毎月1回、2週間の糖尿病教育パス入院に参加し、患者個々の糖尿病病態を評価し、血糖コントロールとともに合併症の管理を行っている。

糖尿病センターでは、患者様が糖尿病に対する知識の向上と主体性を持って自己管理が可能となるように技術指導等を行い、糖尿病の合併症に対しては腎臓・透析、循環器、神経内科の担当医をはじめ、眼科、皮膚科、整形外科医が密に連携し幅広い糖尿病の知識習得を可能としている。なお、医師のみならず看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師、臨床心理士、睡眠指導士などが定期的に集まってミーティングやカンファレンスを行い、充実したチーム医療体制で総合的な糖尿病診療に取り組んでおり、研修ではその中心的役割を担う医師としての素養、責務を培うことを目標とする。

腎臓内科

施設認定
日本腎臓学会研修施設、日本透析学会認定施設
取得可能専門医
日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医

腎臓内科スタッフ

  • 藤森 明 内科系診療部長 / 血液浄化・腎センター部長
    内科学会認定内科医、腎臓学会専門医 / 指導医、透析医学会専門医 / 指導医
  • 坂井 誠 内科系診療部長 / 糖尿病センター 副センター長
    内科学会指導医、総合内科専門医、糖尿病学会専門医、透析学会専門医
  • 岡田 志緒子 血液浄化・腎センター医長
    内科学会認定内科医・総合内科専門医、腎臓学会専門医/ 指導医、透析医学会専門医/指導医

腎臓疾患に総合的に対応できる指導体制を確立しています。急性および慢性腎炎をはじめ全身疾患に伴う二次性腎疾患、腎性高血圧、糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群などの疾患の診断、治療、管理をはじめ、腎生検等の手技を習得することが可能です。また、糖尿病性腎症をはじめ、保存期から末期腎不全の管理、血液透析や腹膜透析への導入、ブラッドアクセスの造設手術、管理技術、長期透析合併症対策等総合的に透析技術を習得できることが可能です。さらに、腎不全、血液透析以外の血液浄化療法も取り組んでおり、適切な血液浄化療法を選択し、実行できることを目標としています。

神経内科

施設認定
日本神経学会認定准教育施設
取得可能専門医
日本神経学会認定神経内科専門医、日本頭痛学会認定頭痛専門医

神経内科スタッフ

  • 北村 重和 内科部長
    内科学会指導医/認定医、神経学会指導医/専門医、頭痛学会指導医/専門医

神経内科専門医・指導医が2名在籍し、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害、パーキンソン病をはじめとする神経難病、てんかんや炎症、外傷、腫瘍、神経変性、免疫異常、中毒、栄養障害、代謝障害などの様々なタイプの疾患によって引き起こされる神経障害の診療にあたっている。とりわけ、種々の頭痛診療とギランバレー症候群、多発性 硬化症などの神経免疫疾患に力を注いでおり、特殊外来として頭痛専門外来も開いている。また、リハビリテーション部と協力しあって、脳血管障害後の運動機能改善や高次神経機能改善にも積極的に取り組んでいる。

循環器

施設認定
日本循環器学会認定教育関連施設、日本高血圧学会専門認定施設
取得可能専門医
循環器病学会専門医、日本高血圧学会専門医

循環器スタッフ(循環器専門医3名、高血圧学会指導医2名)

  • 松岡 彰 法人副本部長
    内科学会指導医/認定医、循環器専門医、高血圧指導医、老年医学会指導医/専門医
  • 宮崎 宣弘 内科系診療部長
    内科学会指導医/認定医、循環器病学会専門医
  • 野中 英美 内科部長
    内科学会認定医、循環器病学会専門医、高血圧指導医

我々は、心臓や血管疾患の発症を少しでも減少させるべく生活指導を含めた治療と動脈硬化の早期診断を中心に行っています。当院の研修では、心臓超音波検査や頸動脈超音波検査及び運動負荷心電図などの手法および技術の取得を行うと同時に心臓機能の評価の方法を学ぶことができます。入院患者では心不全患者(多くは高齢者の慢性心不全患者)を中心とした診療となりますが、内科全般を研修しながら循環器疾患の標準的な診断・治療を学ぶことが可能であり、研修の中で、少なくとも胸痛の診断とショックや心不全の初期治療ができることを目標としています。
また、当院は高血圧教育指定病院であり、生活習慣病が増加する中、心血管系の動脈硬化性疾患の危険因子の一つであり、common diseaseともなりうる高血圧患者(2次性高血圧を含む)の治療や高脂血症患者の治療についても学ぶことが可能であり、研修の過程で関連病院である六甲アイランド病院循環器科での救急疾患および緊急カテーテル検査や不整脈治療についても研修も可能です。

老年内科

施設認定
日本老年医学会認定施設
取得可能専門医
日本老年医学会専門医

老年内科スタッフ

  • 松岡 彰 法人副本部長
    内科学会指導医/認定医、循環器専門医、高血圧指導医、老年医学会指導医/専門医
  • 老籾 宗忠 特別顧問 / 糖尿病センター長
    内科学会指導医/認定医、糖尿病学会指導医/専門医、内分泌学会指導医/専門医、腎臓学会指導医/専門医、老年医学会指導医/専門医
  • 坂井 誠 内科系診療部長 / 糖尿病センター 副センター長
    内科学会指導医/専門医、糖尿病学会指導医/専門医、透析学会専門医
  • 片山 茂明 医員
    内科学会認定医

2007年にわが国において65歳以上の高齢者人口は22%に達し、超高齢者社会となった。高齢者は多岐に渡る疾患を有しており、各々の診断、治療を要する。当院の外来通院、入院患者においても後期高齢者は比較的多い。また当院は日本老年医学会認定施設であり老年医学会専門医が3名(指導医3名)在籍し、高齢者医療について研修し日本老年医学会専門医取得が可能である。

日本老年医学会専門医取得については、認定内科医取得後3年間に渡り、日本老年医学会認定施設において研修カリキュラムに準じた研修が必要である。

当院においては、循環器、消化器、糖尿病、認知症診療やNSTを中心とした日本老年医学会認定老年病専門医制度研修カリキュラムに準じた研修を行っていく。(専門医取得に当たり、最低20症例の高齢者の診療実績を要する。)

総合内科

  • 責任者:福永 馨 内科部長
    内科学会指導医/認定医、糖尿病学会専門医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医

近年、初期研修医終了後に内科系の各領域をさらに経験してから専攻診療科を決めたい、或いは将来の専攻へ進む前に幅広く診療技術を学びたい、総合内科医としての研鑽を積みたいといった声が多くなってきました。また、認定内科医や総合内科専門医を取得するには、内科全般の疾患を経験する必要があり、初期研修での担当症例では足りないこともあります。そのような要望に対して、当院では内科全般をカバーする総合内科後期プログラムを用意しています。

私達は「内科全般の診療を独力で責任を持ち行なうことができること」を目標に、各種成人疾患の診断、治療及び予防に関する知識と技能を修得し、適切に各専門領域への連携を行い、本当の意味で一人の患者の主治医となれる研修を目指しています。

また、指導医と研修医という関係だけでなく、スタッフの一員として、そしてともに甲南病院を運営していく医師の仲間として、相互に研鑽していくものと考えています。