臨床工学室

臨床工学技士について

臨床工学技士とは、1987年5月に制定された「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた医療国家資格です。医師指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とし、医師や看護師、その他コメディカルと共に患者さまの治療をサポートしています。

臨床工学室の理念

技術・知識・自身を磨く。

臨床工学室の基本方針

  1. 安全とは何か
    • 適切な危機管理
    • 適切な機器運用
    • 最適な調整
  2. 安心とは何か
    • 誠実な対応
    • 信念を持つ
  3. どうあるべきか
    • 自ら行動を起こす
    • 患者様から信頼される
    • スタッフから信用される

これらをモットーに個人個人が疑問を見つけチームで考え、工夫解決していく事によるレベルアップを目指すことを志しています。

臨床工学室の業務内容・特色

臨床工学室は平成16年度より血液浄化センター所属から中央部門の診療技術部門へ独立し、診療部長を室長に開設されました。生命維持監視装置の操作や保守管理と共に、院内医療機器の修理や保守点検、貸し出しなどを行っております。

血液浄化業務

当院の血液浄化・腎センターは透析ベッド数44床、月・水・金は1日2クール、火・木・土は1クールの透析を行っており、約100名の患者様が通院されています。日々の透析が安全に施行されるために、透析の準備から穿刺・回収、透析装置の操作、保守点検などを行なっています。
また、血液浄化センターでの血漿交換、腹水濾過濃縮などの他にICUでの血液透析・持続的血液透析その他アフェレシス療法など特殊血液浄化にも対応しています。

循環関連業務

循環器内科とチームを組みペースメーカー埋込時の設定操作立会や外来におけるプログラマー操作、データ管理などを行っています。
補助循環装置(PCPS・IABP)使用時の設定操作や状態観察などを行っています。

呼吸療法業務

人工呼吸器は、すべて臨床工学室で管理し、必要時の貸出し体制や必要物品の管理を行ってい ます。人工呼吸器が安全に使用されるために、使用時のセッティングから操作、使用中点検や定期点検などの保守管理まで行っています。医師・看護師・理学療法士などと連携を行い安全で効果的な呼吸療法を行っています。

医療機器保守管理業務

院内の医療機器がいつでも安全に使用できるように中央で集中的に管理し、貸出などの対応を行っています。 その他に医療機器のトラブル時の対応や、院内で行える修理や部品交換も行っています。医療機器の信頼性を向上させるために、定期点検や院内ラウンドも行っています。

その他の活動

院内での医療機器安全使用の啓蒙活動として、院内セーフティマネージメント部会と協力しての医療機器安全使用勉強会、新入職員(医師・看護師など)を対象とした院内医療機器説明会などを行っています。
また臨床工学技士育成のため、学生の臨床実習受け入れや技士会活動、学術活動なども行っています。

病院組織での取り組み

臨床工学技士は、医療機器の安全管理を担う専門職種として、医療機器安全管理委員会、医療ガス管理委員会、医療材料委員会、手術室運営委員会、セーフティマネジメント部会、感染対策委員会、感染対策リンクスタッフチームなどの各種委員会に参加し、安全への提言を行なうと共に、医療機器の選定や医療機器の効率的な運用など医療経済の面でも重要な役割を担っています。

チーム医療への貢献

臨床工学技士の業務は、医師、看護師、コメディカルとも協力しながら行なう業務がほとんどです。複雑・高度化する医療機器が有効かつ安全に使用されるために、他職種とのコミュニケーションを大切にし、チームの一員として信頼される存在であるよう日々努力しています。

認定資格の取得

専門性の確立とレベルアップのために、学会等の各種認定資格を取得しています。

  • 透析技術認定士(透析療法合同専門委員会)
  • 呼吸療法認定士(三学会合同呼吸療法認定士認定委員会)