生理機能検査について

心電図検査

心臓は、血液を拍出し、これを全身に循環させるというポンプ作用をもっています。この時、心臓の筋肉(心筋)が収縮したり弛緩したりしながら血液を循環させていますが、その際に心筋にはごくわずかな電流が発生しています。この電流を体表面でとらえて波形に描き出したものが心電図です。

安静時心電図検査

一般的な心電図検査で、ベッドに寝た状態で、胸と手足に電極をつけ記録します。不整脈や、狭心症・心筋梗塞といった虚血性心疾患や心臓の肥大などが分かります。

マスター2段階試験

一定時間、2段の階段で昇り降りの運動負荷をかけ、その前後の心電図をとります。負荷をかける前の心電図(安静時心電図)と負荷後の心電図を比較し、波形の変化を調べます。安静時心電図ではわかりにくい心筋の虚血を発見することができます。階段の昇り降りをする回数は性別・年齢・体重で決まります

トレッドミル検査

速度や傾斜の変わるベルト上を歩行し、その運動前・運動中・運動後の心電図や血圧・脈拍の変化を調べます。マスター2段階試験と違い、運動をする時間は決まっていません。個人の体力に合わせて行い、何か症状があった場合や十分に心臓に負荷がかかった場合などに終了します。検査時間は約30分で、医師と検査技師が立ち会います。虚血性心疾患や運動による負荷で不整脈が出現するか、また 頻度が変化するかどうか調べる検査です。

ホルター心電図

安静時心電図検査では記録時間が短いため、不整脈や心筋の虚血が起こっているタイミングで記録することが困難です。そこで、長時間心電計をつけてもらい、不整脈の種類や頻度、虚血性所見の有無を確認します。1日の行動と自覚症状が出たかどうかをつけていただくことで、どの時間帯やどういった生活で異常が出るかが分かります。この検査を受ける際は、胸に電極を貼り付け、携帯用の小さな記録計をつけていただきますので、入浴・水泳等ができませんが、それ以外は、ほぼ普段どおりの生活ができます。検査開始の翌日に再度来院していただき、電極をはずし、記録計と行動記録カードを回収します。解析は当院で行いますが、結果は約1週間かかります。他に、5日間携帯型心電図検査もあります。

運動負荷心筋シンチグラフティ

心電図と血圧計を付けた状態で自転車をこいでもらい、十分に心臓に負荷をかけたところで、点滴下にて心臓に集まるお薬(タリウム)を入れます。運動直後と3時間後に心臓の写真を撮り、お薬の集まり具合を比較することにより心臓を栄養する血管が痛んでいないかを間接的に調べます。また、運動の代わりに心拍数を上げるためのお薬を使用して検査を行うこともあります。

心臓カテーテル検査

カテーテルを心腔や血管内に挿入し、血行動態や形態をみる検査です。また、検査をするだけではなく狭心症や心筋梗塞の治療にも使われます。

電気生理検査(EPS)

電極カテーテルを心腔内に挿入し、心腔内電位図を記録しながら心臓に様々な電気刺激を加え、不整脈の機序を解明し、発生場所を決定する検査です。

カテーテルアブレーション

EPS検査を行って不整脈の原因となる部位を特定し、高周波通電により目的とする不整脈を治癒させる検査です。

心臓カテーテル検査・EPS・カテーテルアブレーションは循環器科の医師によって施行されます。

肺機能検査

肺の換気能力を調べる検査です。マウスピースを口にくわえ、鼻にクリップをして、口呼吸で検査を行います。検査項目はいろいろとありますが、その中でも、%肺活量と1秒率の2つがポイントとなります。

%肺活量(%VC)

年齢、身長、性別から基準となる肺活量を計算し、その数値に対して何%あるかを調べます。

1秒率(FEV1.0%)

いっぱい吸い込んだ空気を一気に吐き出した最初の1秒間の量が、吐き出した空気の総量を比較して、何%になるかを調べます。

血圧脈波検査

両手、両足首、両足趾の血圧を同時に測ることによって、動脈硬化の状態を把握します。
心臓から押し出された血液が手や足に届く速度(脈波伝播速度:PWV)を測定することによって、血管の硬さを調べることができます。PWVは、年齢とともに値が高くなりますので、年齢の平均値とも比べて評価します。
また、手と足首の血圧の比(ABI)、手と足指の血圧の比(TBI)から、足の動脈をはじめとする血管の詰まり具合を調べることができます。
透析患者様で、血管シャントをされている方などで、腕を長時間締め付けることのできない患者様は、影響のない方の手のみで測定しますので、検査前にお知らせください。

●○▲△は患者様の結果です。
グラフを見れば、平均値と
簡単に比べることができます。

超音波検査

超音波とは、人間の耳では聞くことを目的としない、2万ヘルツ以上の高い周波数の音です。超音波には、一定方向に直進し、そのはね返り方が当たるものの性質によって異なることを利用して、画像として映し出す検査です。
検査には、心臓を検査する心エコー、主に上腹部を検査する腹部エコー、首を検査する甲状腺エコー頸動脈エコー、両足を検査する下肢静脈エコー、胸部を検査する乳腺エコーがあります。

心エコー

心臓には、心房、心室あわせて4つの部屋と部屋を区切る中隔と弁から成り立っています。心エコーでは、心房、心室、心筋の壁、弁の形態を見ていきます。また、心臓は収縮と拡張を繰り返しているので、動きに異常がないかも見ていきます。
血液の流れる方向と速さを測ることによって、弁の異常を調べるのに、カラードップラー法という大変有効な検査方法があります。心エコーでは、これらを組み合わせて検査を行います。

腹部エコー

腹部にはたくさんの臓器がありますが、その中でも、肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓を中心とした上腹部の臓器の形態を見ていきます。患者様の症状にあわせて、膀胱・前立腺・子宮・卵巣を見ることもあります。

超音波は空気があるとうまく画像としてとらえることができません。腹部はもともとガスが多い部位ですので、より良い状態で検査ができるように、患者様に大きく呼吸をしてもらうようにお願いしています。
また、検査当日の朝は食事を抜いていただきます。これは、胃内に食べ物が残ったり、ガスがたまったりして、肝臓などの臓器がうまく描出できなかったり、また、胆のうが小さくなり胆のうの中が見えにくくなったりするのを防ぐためです。

甲状腺エコー

甲状腺は、首にある小さな臓器です。大きさや内部の状態を観察します。

頸動脈エコー

頸動脈は、首にある動脈のひとつで、手で首を触ったときに拍動を感じる血管です。体表から近いところにあるので、血管の壁の状態を把握しやすく動脈硬化の検査として用いられます。

下肢静脈エコー

血管には、主に酸素や栄養分を運ぶ「動脈」と、二酸化炭素や老廃物を運び出す「静脈」があります。この動脈と静脈は体の中を並行に走行しています。足の静脈を超音波で調べ血管の詰まりの原因となる「血栓」の有無を調べます。もしも足に血栓ができると、足が腫れたり、赤くなったりします。これを深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)といいます。血栓がはがれると、脳や肺の血管を詰まらせて脳梗塞や肺梗塞を起こすことがあり、予防する為に比較的簡単に検査できます。

乳腺エコー

乳房にできた小さな数ミリ大の腫瘤(しこり)をみつけるための検査です。
また腫瘤には良性のものがあり、その鑑別も可能です。特別な前処置は不要で、患者様への苦痛もありません。放射線の被曝もなく、造影剤も使用しないので、妊娠中の方でも安心して検査を受けていただけます。

脳波検査

脳波とは、脳細胞の活動に伴う電位変化を頭皮上につけた電極によって導出し、増幅したものです。脳の活動に伴う機能をリアルタイムに知ることのできる唯一の検査です。主にてんかんの有無や、脳腫瘍・脳出血・脳梗塞などの形態的疾患の補助診断、頭痛や意識障害などの補助診断のために検査します。検査方法は、頭皮に専用クリームをつけ電極を付け、部屋を暗くします。そして、患者様には軽く目を閉じていただきます。この状態で脳波を記録します。脳波の波形は大変小さく、少しの体動やまばたきにより影響を受けるため、小さなお子様には眠気を誘うお薬を服用していただき、眠った状態で検査をします。検査の時間は、40~60分です。
また、記録中には目を閉じたままでお顔にライトを当てる光刺激や開閉眼、3分間の過呼吸を行っていただくことがあります。これにより異常な波形が誘発されるかどうかを調べます。もしご気分が悪いなどがあれば、技師が近くにいますので遠慮なくおっしゃってください。