初期臨床研修プログラム

プログラムの特徴

医療人としての必要な基本姿勢・態度を身につけ、医師としての人格を涵養するための「行動目標」と、医学・医療の社会ニーズを認識し、プライマリ・ケアの基本的診療能力(態度、技能、知識)を身につけるための「経験目標」を設定しています。

研修スケジュール

基本科目(内科6ヶ月、救急部門3ヶ月、地域医療1ヶ月)と必修科目(外科、小児科、産婦人科、精神科、麻酔科)の研修期間を1年4ヶ月とし、残りの8ヶ月は自由選択科目期間とします。自由選択科目は将来専門としたい診療科を学ぶことができます。
なお、救急部門3ヶ月は、1ヶ月は内科、2ヶ月は小児科、外科、整形外科、形成外科、産婦人科の中から、研修医の自由意思で選択します。4月は救急部門の内科として全員内科および循環器内科からスタートします。
※例(救急部門)内科+小児科+形成外科、内科+小児科+産婦人科+内科+整形外科2ヶ月

1年次のスケジュール

4月の最初は、1週間のオリエンテーションがあります。当院に関する基本的な情報や医師としての基礎を吸収して下さい。その後、各科診療科に分かれて研修がスタート。研修が始まると、各科の指導医のもと個々のスケジュールで臨床にあたることになります。
当直(副直)は4月から始まります。最初は1回からスタートし5月からは通常通りの回数となります。(月4回まで)

夜間当直(副直)

月に4回程度、3年目以降の内科系の先生1人、外科系の先生1人の計3人で病棟と救急外来の対応を行います。診療は、必ず指導医による指導を受けながら進めていきます。

救急外来

2次救急全般を受け入れ、発熱や腹痛・嘔吐といった軽症の患者さんから、急性心筋梗塞、肺血症、心肺停止といった重症患者さんまで幅広い症例を経験でき、救急の初期対応を学ぶことができます。

2年次のスケジュール

小児科、産婦人科は当院で研修し、精神科は東加古川病院に協力病院としてお世話になります。地域医療は東灘区内のクリニックをはじめ、1ヶ月間に様々な医療現場で経験を積み重ねていきます。特に、姫路市夢前町の松浦医院では、へき地医療ならではの充実した臨床経験ができます。選択科目は以下の診療科を選択することができ、1年次の冬に2年目どの診療科にするのかの希望を出します。複数の診療科を選択し、幅広く研修することも出来ます。

選択できる診療科

循環器内科、消化器内科、糖尿・一般内科、腎臓内科、呼吸器内科、緩和ケア内科、腫瘍・血液内科、神経内科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、放射線科、小児科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、泌尿器科

講義等

臨床研修とは別に研修医向けのカンファレンスや症例検討会、勉強会があります。その他にも臨床に役立つさまざまな講義、講演が随時開催されます。
ローテートしている科の指導医だけでなく他科の指導医による講義もあるため、幅広い知識を得られる機会でもあります。

診療科ごとの詳細はコチラ