循環器内科研修

外科系研修

一般外科3カ月、整形外科1.5カ月、形成外科0.5カ月、麻酔科1カ月で、実際に手術に入り、手術以外の時間で病棟業務を行ったり、知識や手技を学ぶ時間に充てたりしています。
麻酔科では、指導医の指導のもと主体となって麻酔をかけ、気管挿管や動脈路確保や中心静脈路確保、その他多くの手技を経験したりと充実した研修を行うことができます。

2年目で外科を選択し執刀した症例

  • 腹壁瘢痕ヘルニア:1例
  • 直腸脱(Ganz-三輪):1例
  • 虫垂切除術(開腹):7例
  • 虫垂切除術(鏡視下):1例
  • 大腸癌:1例
  • 後腹膜腫瘍:1例
  • 鼡径ヘルニア:2例
  • イレウス解除:2例
  • 胆嚢摘出(開腹):1例
  • 胆嚢摘出(鏡視下):1例
  • 痔ろう:1例

2年目に外科を選択すると指導を受けながら実際にoperatorとして手術を経験することができます。

研修医1年目で行った手技

  • 採血・ルート確保
  • 動脈血採血
  • 動脈路確保
  • 腰椎穿刺
  • 腰椎麻酔
  • 中心静脈路確保(鎖骨下)
  • 中心静脈路確保(内頸)
  • 中心静脈路確保(大腿)
  • 腹腔穿刺
  • 胸腔穿刺
  • エコー(心臓、腹部)
  • 皮膚縫合
  • 導尿
  • 開腹・閉腹
  • 仙骨硬膜外麻酔
  • 気管挿管
  • 腹腔鏡操作
  • 除細動など

しっかり予習して臨むことで様々な手技を経験やらせてもらえます!2年目にはさらに多くの手技を経験できます!