精神科

精神科

診療方針

1.もの忘れ外来
神戸市指定の認知症疾患医療センターである六甲アイランド甲南病院と提携し、認知症の鑑別診断とそれに基づく初期対応を目的とした「もの忘れ外来」を行います。

2.コンサルテーション・リエゾン
入院患者様のせん妄、不眠、不安、抑うつなどの精神症状に対し、薬物治療や心理的ケアを行います。

もの忘れ外来の予約について

もの忘れ外来を受診ご希望の方は、かかりつけ医の先生を通して当院の予約をお取りください。受診は完全予約制です。
※ かかりつけ医がいない場合は、予約センターへご相談下さい。

(かかりつけ医の先生へ)
予約センター へ診療情報提供書をFAXにて送付ください。後日、予約票をFAXで返送します。

もの忘れ外来初診当日の持参書類

○かかりつけ医の紹介状(原本)
○各種保険証
○お薬手帳など現在服用中のお薬情報
○予診票(もの忘れ外来予診票)
※1年以内にMRI等の画像検査を受けてお持ちの方は、検査データ(CD-R等)をお持ちください。
※診察予約を済まされたご本人又はご家族は、事前に「予診票」をご記入の上、受診当日にご持参いただきますと診察がスムーズです。

もの忘れ外来の診療の流れ

1.専門医による診察を受けていただきます。
・診察では患者様の生活の様子をお聞きします。一緒に生活されている方や状況を把握されている方の同行をお願いいたします。

2.専門医の指示で各種検査を受けていただきます。
・初診来院時の検査:血液検査、心電図 など
・後日予約の検査 :MRI、SPECT、心筋シンチグラフィー、心理検査数種 など
※ 診察の状況により、変更する場合がございます。

3.診察と検査結果により専門医が鑑別診断を行います。
・再診にて診断の結果説明を行います。
・今後の治療方針や介護の方法等の相談をお受けいたします。
・診断の結果により、お薬の服用や介護保険の申請をご案内します。

4.診察結果は紹介元の医療機関にお伝えします。通いなれた医療機関等で治療を続けることができます。
※診断後、症状に大きな変化等がありましたら、再度当院へご相談ください。

もの忘れ外来の予約から治療の流れは↓図面をクリックください。(拡大されます)

医師の紹介

松山 賢一(まつやま けんいち)医長

松山 賢一(まつやま けんいち)医長
略歴
2008 神戸大学医学部附属病院
2012 新生病院
2014 神戸大学医学部附属病院
2018 甲南病院
資格
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医
日本老年精神医学会専門医・指導医
その他
認知症サポート医

〔所属学会〕
日本精神神経学会 日本老年精神医学会
日本認知症学会 日本認知症予防学会