臨床工学室

臨床工学技士について

臨床工学技士とは、1987年5月に制定された「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた医療国家資格です。医師指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とし、医師や看護師、その他コメディカルと共に患者さまの治療をサポートしています。

臨床工学室の理念

豊かな人間性と高い倫理観を持って、臨床工学の知識と技術を駆使し、医療の安全と質の向上に貢献する。

臨床工学室の基本方針

  1. 生命維持管理装置の専門技術者であることを十分認識し、最善の努力を払って業務を遂行する。
  2. 医療チームの一員として他の医療職種と緊密に連携し、より円滑で効果的かつ全人的な医療を確保する。
  3. 治療に際し、患者さまの身体状況の把握と医療機器に関して必要とされる情報の収集に努める。
  4. 常に関連分野における研鑽に励み、専門的な知識と技術の向上に努める。

臨床工学室の業務内容・特色

院内医療機器の修理や保守点検、貸し出し体制を一元管理することで、医療機器をより安全にかつ効率良く運用することを目的に、平成15年度より麻酔科部長を室長とし、
開設されました。現在9名の臨床工学技士が勤務しています。

血液浄化業務

当院の血液浄化・腎センターは、透析ベット数30床、約100名の患者さまが通院されています。患者さまにとって安全で快適な透析治療を心がけており、透析液の清浄化、愁訴のない透析に力を入れています。また、on-lineHDF、AFBF、血漿交換、血漿吸着、持続血液濾過透析、腹水濾過濃縮などの各種血液浄化にも対応しています。

呼吸療法業務

当院の人工呼吸器は、すべて臨床工学室で管理し、必要時病棟へ貸し出す体制を取っています。
人工呼吸器が有効かつ安全に使用されるために、使用前・中の点検から使用後の保守管理、また、回路交換、ウィーニング、NPPV導入指導、在宅への移行サポートなども行っており、医師や看護師、理学療法士などと、連携した呼吸管理に努めています。

医療機器保守管理業務

院内医療機器の修理や点検、貸出し、トラブル対応などを行っており、医療機器が有効かつ安全に使用されるように努めています。最近では、医療機器管理ソフトを用いて、点検・修理記録を管理し、オーバーホールや機器更新が円滑に行われるようにしています。また、肝治療で行われるラジオ波焼灼術では機器の操作も行っています。

その他の活動

看護師や研修医を対象とした人工呼吸器、輸液・シリンジポンプ、除細動器・AED、心電図モニターなどの各種ME機器勉強会、院内BLS講習会でのインストラクター、学生の臨床実習受入れ、学会での研究発表なども積極的に行っています。

医療安全への取り組み

臨床工学技士は医療機器の安全管理を担う専門職種として、医療安全管理委員会、セフティーマネジメント委員会、手術室運営委員会、内視鏡室運営委員会、感染対策委員会、医療ガス管理委員会、情報システム委員会、医療機器安全管理委員会などの各種委員会に参加し、安全への提言と啓蒙活動を行っています。

チーム医療への貢献

臨床工学技士の業務は、医師、看護師、コメディカルとも協力しながら行なう業務がほとんどです。複雑・高度化する医療機器が有効かつ安全に使用されるために、他職種とのコミュニケーションを大切にし、チームの一員として信頼される存在であるよう日々努力しています。

人材の育成と教育

組織が成長・発展するためには、人材の育成が必要不可欠です。専門的な知識や技術(テクニカルスキル)の教育のみならず、患者様をはじめ他職種と連携し、チームとして業務を遂行する能力(ノンテクニカルスキル)の教育にも力を入れています。共に学び共に成長する組織を目指しています。

認定資格の取得

専門性の確立とレベルアップのために、学会等の各種認定資格を取得しています。

      
  • 血液浄化専門臨床工学技士(日本臨床工学技士会)
  • 透析技術認定士(透析療法合同専門委員会)
  • 呼吸療法認定士(三学会合同呼吸療法認定士認定委員会)
  • 医療機器情報コミュニケータ(日本医療機器学会)
  • BLSヘルスケアプロバイダー(日本ACLS協会)
  • 医療情報技師(日本医療情報学会)
  • 医療環境管理士(医療福祉検定協会)
  • 医療福祉環境アドバイザー(医療福祉検定協会)
  • 防災士(日本防災士機構)