栄養管理室

栄養管理室について

栄養管理室では、入院中の治療のためのお食事はもちろん、日常生活の中でもより良い食生活を送っていただけるように常に患者様の立場になって考えたサポートをいたします。

栄養管理室のしごと

患者様のお食事作り

患者様の病状やお体の状態にあわせたお食事を提供いたしております。
食事は治療のためだけではなく、入院生活の楽しみになるように、四季折々の食材を用いた家庭的なお料理を心掛けております。また、季節ごとに行事食をご用意し、入院生活の心のうるおいとなるお食事作りにも努めております。

栄養相談

日々のお食事の積み重ねが体に与える影響は大きいものです。
少しでもお食事に興味を持っていただき、今までの食生活をふり返っていただく機会になりますよう、患者様の生活スタイルにあわせたお食事をご提案し、より良い生活を送っていただくお手伝いを致します。
また、糖尿病に関しましては、糖尿病療養指導士による専門的な栄養相談も行っております。

病棟での仕事

 多職種の医療職者が連携しながら、1人の患者さまの治療にあたる「チーム医療」に参加しています。
 栄養サポートチーム(NST)では、患者様の食欲や栄養状態を確認し、医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、理学療法士等のメンバーのそれぞれの知識を持ちあい、1人ひとりの患者様にとって最良の方法で栄養支援を行っています。 褥瘡防止対策チームでは、栄養状態が褥瘡の予防や創傷治癒に大きく関わり、少しでも早く治癒できるように栄養面からのサポートを行っています。 緩和ケアでは、患者様の「食べたい」という気持ちに少しでも応えるようサポートしております。食べることで患者さまの楽しみや生きる希望につながるように、そして少しでも患者様や家族の力になるように支援していきます。 入院中、食欲低下などで食事量が少なくなった患者様に定番メニュー(カレーライス、親子丼など)を用意しています。
 また、教育入院(糖尿病・CKD)での栄養指導を行っています。患者様がご自身の病気を理解し、食事療法を実践することで日々の生活をより良く過ごせるようにサポートしております。

  

糖尿病教室

 当院は糖尿病センター主催による糖尿病教室を(約2ヶ月に1度の日曜日)開催しています。
 医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士等の医療スタッフが糖尿病治療(薬物療法、運動療法、食事療法等)の諸問題について講義を致します。
 講義後、食事療法について実際に食事をしながら理解を深める「ふれあい会食会」を行っています。医師をはじめ専門のスタッフと日頃の糖尿病治療の悩みや調理方法など一緒に楽しく談話しながら会食をしています。ふれあい会食メニューは、管理栄養士が作成した「健康で美味しく、バランスが良い」お食事です。是非ご参加ください。
 なお、ご参加のお申し込みは、予約センターへお申し込みください。

糖尿病教室ふれあい会食