病院長挨拶

病院長からの挨拶

 この度平成29年4月より新しく甲南加古川病院の院長に就任いたしました黒田浩光でございます。

 昨年度、甲南加古川病院では大きな転換期を迎え、国立加古川病院時代以来、専門医療分野として診療を行っていたリウマチ、膠原病内科と、甲南会に移管後より開始した人工透析を中心とする腎臓内科の診療を県立加古川医療センターに移行いたしました。このため病院内の医師、職員、診療科目も縮小することとなりましたが、平成29年度もリウマチ治療の診療は一部継続するとともに、「人工関節センター」を中心にした整形外科の診療、手術治療はより充実した内容で続けてまいります。リハビリテーション、疼痛外来の診療とも併せてこの分野で地域の患者さんに大いに貢献したいものと考えています。

 また内科ではできるだけ広い医療分野で、多くの患者のプライマリーケアにあたる総合診療内科としての診療を発展させるとともに、県立加古川医療センターや加古川中央市民病院とのより密接な連携を通じて、より地域に密着した病院としての役割を果たしていきたいと考えています。

 当院は地域医療連携室も充実しており、このスタッフと協力して近隣の病院から急性期の治療は終えたものの、まだ自宅への帰宅が困難な亜急性期の患者さんを広く受け入れたり、自宅や介護施設で体調が悪くなったり、介護が困難となった患者の短期入院も積極的に進めていきます。何かありましたら遠慮せずに内科外来および地域医療連携室、医療相談窓口に声をかけていただければ幸いです。

 今年度も患者さんに「喜ばれる」、「選ばれる」病院、「信頼でき安心な医療の受けられる」病院を目指して職員一同、頑張って参りたいと思っております。

院長  黒田 浩光