感染対策へのとりくみ

六甲アイランド甲南病院での感染対策へのとりくみ

  1. 当院では病院感染対策を組織的に行っています
    病院長直属の感染対策室を設置し、以下の活動を行っています。
  2. 感染対策マニュアルを遵守し、病院内での感染伝播を防止します
    • 病院内に持ちこまれた細菌やウイルスによる感染症や、治療の過程で引き起こされる感染伝播(病院感染)をできるだけ低減するよう対策を講じています。
    • 「標準予防策」を基本とした感染対策を実施し、感染症患者の対応には病原 体の伝播経路を遮断する経路別予防策を追加し伝播防止に努めています。
    • これらの病院感染対策については感染対策マニュアルを作成し、職員が遵守できるようにしています。
    • 病院感染を予防するための重要対策は「手指衛生の徹底」です。
    • 職員はもちろん病院を利用するすべての人が「手指衛生」をできるよう、ハンド ソープ、ペーパータオル、アルコール手指消毒剤を配置しています。
  3. 感染対策の教育活動を実施しています
    • 感染対策の啓蒙教育を職員や委託業者に実施しています。
    • 各部門に配属している感染リンクスタッフへの教育支援を行い、現場で活躍できる感染対策モデルスタッフ育成に努めています。
  4. 抗菌薬適正使用に取り組んでいます
    • 患者の菌検出データを把握し、広域抗菌薬については届け出制度を取り入れ適正に使用されているか毎週判定を行っています。
    • 当院での検出菌種による抗菌薬感受性率を出し、抗菌薬適正使用に活かしています。
  5. 職員の感染防止に努めています
    • 職員が患者の治療過程で感染を受けないよう対策を講じています。
    • 特に鋭利器材(針、メスなど)での切創事故予防対策を講じ、事故が万が一発生した時の対応策を策定しており、またB型肝炎ワクチン接種を必要職種に対して実施しています。
    • 全職員対象に毎年インフルエンザワクチン接種を実施しています。