平成28年度 六甲アイランド甲南 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,104 185 125 145 245 269 410 661 891 326

【解説】
低年齢層の入院が突出して多いのは、小児科が二次救急を標榜しており、アレルギー、腎炎、発達障害など幅広く専門診療を行って
いることによるものです。
一方、高齢者の比率は、地域包括ケア病棟(34床)への、在宅や介護施設からの救急入院等の影響により高くなっています。
  ※集計対象患者…2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の退院患者、年齢は入院時の年齢。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
診療科 DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
内科
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 151 27.8 21.2 8.6% 84.9
内科
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 51 14.2 11.0 3.9% 75.6
内科
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 43 18.0 12.4 2.3% 74.8
内科
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術処置等2 なし 42 6.1 7.2 0.0% 50.0
内科
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 36 8.5 7.8 0.0% 58.4
循環器内科
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術処置等1 なし、1,2あり 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 6.9 4.7 1.8% 68.6
循環器内科
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置等1 1あり 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 3.6 3.0 0.0% 66.3
循環器内科
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 39.5 17.9 4.5% 85.5
循環器内科
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置等1 1あり 手術処置等2 3あり 定義副傷病 なし 39 6.2 5.9

0.0%

69.4
循環器内科
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 31.4 21.2 2.7% 89.0
小児科
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 254 6.0 5.7 2.0% 4.4
小児科
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)  定義副傷病 なし 161 5.5 6.0 2.4% 1.2
小児科
040100xxxxx00x 喘息 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 107 6.6 6.4 3.7% 3.2
小児科
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置等2 なし 93 3.7 5.5 2.1% 4.1
小児科
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術処置等2 なし 85 5.6 6.0 1.1% 2.3
外科
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 41 5.1 5.6 0.0% 39.7
外科
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 8.0 7.6 0.0% 60.5
外科
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 22 7.7 6.8 0.0% 55.4
外科
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 14 8.2 9.9 0.0%

56.2

外科
060210xx9700xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術あり 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 14 29.5 15.2 7.1% 73.4
整形外科
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 67 43.7 27.6 32.8% 83.9
整形外科
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 44 57.7 20.5 4.5% 83.7
整形外科
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 38 3.6 5.4 0.0% 37.3
整形外科
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 26 4.7 5.3 0.0% 26.8
整形外科
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術処置等2 なし 17 51.0 20.4 5.8% 79.4
形成外科
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 19 2.9 5.8 0.0% 33.7
形成外科
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 14 12.8 11.9 0.0% 66.6
形成外科
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術処置等1 なし 10 2.4 4.2 0.0% 57.1
形成外科
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術処置等2 なし - - 3.4 - -
形成外科
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり - - 3.3 - -
産婦人科
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 20 11.1 10.0 0.0% 44.7
産婦人科
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 19 8.2 6.2 0.0% 46.2
産婦人科
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 17 7.5 6.4 0.0% 38.7
産婦人科
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 12 10.5 10.3 0.0% 55.0
産婦人科
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 10 12.0 9.4 0.0% 76.5
耳鼻咽喉科
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 12 4.8 5.5 - -
耳鼻咽喉科
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 - - 7.2 - -
耳鼻咽喉科
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術処置等1 なし - - 8.3 - -
耳鼻咽喉科
030245xxxxxxxx 伝染性単核球症 - - 7.8 - -
耳鼻咽喉科
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.8 - -

【解説】
内科では誤嚥性肺炎、市中肺炎、腎盂腎炎と高齢者の急性感染症が多く、他に糖尿病、消化器疾患、神経疾患など幅広く扱って
います。
循環器内科では24時間ホットラインを運用しており、狭心症、心筋梗塞、心不全などが多く、カテーテル治療、シンチ、心臓CT、
MRIなど行っています。
小児科は、肺炎・気管支炎、喘息、胃腸炎が多くなります。
外科では、虫垂炎、胆嚢炎など救急手術例を多く扱っており、定期手術では胃癌、大腸癌、鼠径ヘルニアなどを対象としています。
整形外科では、高齢者が多い事により、大腿骨・股関節の骨折、脊椎圧迫骨折の頻度が高く、また変形性関節症や関節リウマチ
にも対応しています。
形成外科では、皮膚腫瘍、下肢静脈瘤、顔面の骨折などや、他に乳房再建、美容形成など幅広く対応しています。
産婦人科では子宮、卵巣の良性腫瘍が多く、主に腹腔鏡手術で行っています。
  ※集計対象患者…2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の退院患者。
  ※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 21 - - 10 - - 1 7
大腸癌 - 12 13   - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
【解説】
胃癌、肝臓癌を多く扱っており、病期により外科あるいは消化器内科で治療します。
  ※集計対象患者…2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の退院患者。
  ※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする。
  ※複数回入院した患者も1例とし、患者数は実患者数とする。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 9.0 49.6
中等症 84 14.9 79.7
重症 19 16.3 78.1
超重症 - - -
不明 - - -
【解説】
重症度と平均年齢とは比例し、高齢者ほど重症の肺炎で入院することになり、また入院期間も長くなる傾向にあります。
  ※集計対象患者…2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の退院患者。
  ※入院の契機と医療資源を最も投入した傷病名が、肺炎・急性気管支炎・急性細気管支炎を対象とし、インフルエンザ、ウィルス性
   肺炎、誤嚥性肺炎は除く。
  ※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均
在院日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.0 0.0 0.0%
その他 0 0.0 0.0 0.0%
I63$ 脳梗塞 3日以内 30 34.4 75.8 26.6%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.0 0.0 0.0%
その他 0 0.0 0.0 0.0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.0 0.0 0.0%
その他 0 0.0 0.0 0.0%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.0 0.0 0.0%
その他 0 0.0 0.0 0.0%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.0 0.0 0.0%
その他 0 0.0 0.0 0.0%

【解説】
脳梗塞ではTPAの投与の適応外の患者数が多く、平均年齢が高く、平均在院日数も長くなっています。
※集計対象患者…2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の退院患者。
※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
診療科 Kコード 術式名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
内科
K7211
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)

75

1.5 2.6 0.0% 70.8
内科
K6871
内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 29 1.6 24.0 0.0% 75.5
内科
K682-3
内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 27 1.5 14.1 7.4% 77.4
内科
K654
内視鏡的消化管止血術 26 7.0 27.8 3.8% 66.3
内科
K6532
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 17 1.1 8.8 0.0% 74.6
循環器内科
K5493
経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 61 2.7 4.9 1.6% 69.0
循環器内科
K5492
経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 24

0.0

17.6 8.3% 76.3
循環器内科
K5491
経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 21 0.0 16.2 4.7% 70.6
循環器内科
K616
四肢の血管拡張術・血栓除去術 20 4.7 3.6 0.0% 76.8
循環器内科
K597-2
ペースメーカー交換術 15 2.2 9.7 0.0% 61.2
外科
K672-2
腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 3.3 5.5 0.0% 61.1
外科
K634
腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 52 1.0 2.9 0.0% 63.4
外科
K718-21
腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 39 0.2 3.7 0.0% 38.1
外科
K718-22
腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 14 0.0 7.1 0.0% 56.2
外科
K719-3
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 6.4 24.0 0.0% 73.7
整形外科
K0461
骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 63 2.8 39.1 31.7% 79.8
整形外科
K0462
骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 38 2.4 12.2 2.6% 52.7
整形外科
K0483
骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 28 0.8 1.3 0.0% 40.6
整形外科
K0811
人工骨頭挿入術(肩,股) 24 4.1 40.8 33.3% 85.4
整形外科
K0452
骨折経皮的鋼線刺入固定術(前腕,下腿) 16 0.6 1.1 0.0% 11.5
形成外科
K333
鼻骨骨折整復固定術 17 0.2 1.1 0.0% 33.6
形成外科
K617-2
大伏在静脈抜去術 - - - - -
形成外科
K0062
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
形成外科
K0053
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
形成外科
K2191
眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
産婦人科
K877
子宮全摘術 21 1.1 10.0 0.0% 49.9
産婦人科
K877-2
腹腔鏡下腟式子宮全摘術 19 1.4 6.3 0.0% 47.1
産婦人科
K8882
子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 19 1.1 5.4 0.0% 40.4
産婦人科
K867
子宮頸部(腟部)切除術 18 1.0 1.8 0.0% 37.8
産婦人科
K8654
子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - - - - -
【解説】
内科では、内視鏡的大腸ポリープ切除症例が多く、消化管止血術、胆管ドレナージ術が続きます。
循環器内科では、ステント留置など冠動脈カテーテル治療、末梢動脈の血管拡張・血栓除去術が多く、ペースメーカー
移植術も多く行っています。
外科では、胆嚢摘出術、ヘルニア根治術、虫垂切除術を腹腔鏡手術で行っています。
整形外科では、上腕骨、大腿骨、前腕骨、下腿骨などの骨折手術、さらに股関節などの人工骨頭挿入術を行っています。
形成外科では、鼻骨整復術、皮膚悪性腫瘍手術、下肢静脈瘤手術を主に行っています。
産婦人科では、子宮全摘出術、卵巣腫瘍手術などを主に腹腔鏡手術で行っています。
  ※集計対象患者…2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の退院患者。
  ※診療科コードかつ手術コード(点数表コード)別に集計をし、輸血、加算、創傷処理等の軽微な手術に該当しない患者は
   除外とする。
  ※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一

-

-
異なる 15 0.3%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.3%
異なる - -
【解説】
高齢の患者では肺炎、尿路感染、腹膜炎などの治療経過中に敗血症など重症化する頻度が高いと考えられます。また、特に外科
の急性腹症の緊急手術や循環器科では緊急のカテーテル治療などリスクの高い患者さんでは合併症の頻度が高くなっています。
  ※集計対象患者…2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の退院患者。
  ※年間10名未満の区分については、表記上「-」とする。
  ※最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、
   入院の契機病名の同一性の有無を区別して患者数と発生率を示しています。
更新履歴

2016/9/27   平成27年度 六甲アイランド甲南病院の病院指標を公開しました。

2017/9/26   平成28年度 同指標を更新しました。